FANDOM


Giantno
WARNING!
この記事には ツイン・ピークス The Return のネタバレが含まれています。まだ番組を見ていない方などご注意ください




第6話タグライン
Don't die.

Part 6は、『ツインピークス The Return』(第3シーズン)の第6話で、今シーズンは全18話からなる。

ストーリー 編集

〈ラスベガス〉 退社時刻になっても家に帰れないクーパー(ダギー)はまだ会社前の広場にいた。声を広場で警備員は仕方なくクーパーを送っていく。クーパーは警官のバッジが気になり、何度も触る。 ジェイニーは送り届けられたクーパーに苛立ちながら夕飯にサンドイッチを作り、明日診療を受けるように言った。 サニー・ジムにおやすみと伝えにいくよう叱られたクーパーは二階に上がる。二人が電灯で遊んでいると、ジェイニーに下からクーパーにすぐ降りてくるように叫ぶ。

ジェイニーは封書で届いたジェイドとダギーの浮気写真を見て追求するがもちろんクーパーはわかっていない。その時借金取りからダギー宛に電話がかかってきて、怒ったままのジェイニーは自ら交渉して明日会う約束をする。

〈ブラックロッジ〉、マイクは手をかざして何かを探している様子。

〈ラスベガス〉ジョーンズ夫妻の家で、クーパーはマイクの姿に気づく。マイクは「目を覚ませ。死ぬな」と何度も告げて消えていった。 会社から持ち帰った書類をクーパーが眺めていると、書面に光が浮かびクーパーはそれをペンでなぞっていく。

〈マックス・フォン・バー〉雨の中アルバート・ローゼンフィールドはバーに辿りつくと、人を探していた。アルバートはカウンターで、探していたダイアンを見つける。

〈ツインピークス〉 ヤクを楽しんでいるリチャード・ホーン、そこに一緒にいるのはマシンガンの武装した仲間を連れたレッドだった。レッドはツインピークスを気に入り、この街で取引をすることを考えていると話す。まだ信用ならないリチャードを「坊や」とからかい、ヘマをするなと脅した。

〈トレーラーパーク〉 カール・ロッドは車で街へ出かけようとしていた。そこにミッキーが自分も同乗させてほしいと駆けつける。カールは毎日同じ時間に街へ出かけることを日課にしていた。

〈ダブルRダイナー〉 ミリアムはスタッフたちと話しながら大好きなパイを食べてご機嫌だった。カールはダブルRダイナーの近くの公園で仲良く遊んでいた親子を微笑みながら眺めた。

親子が横断歩道に辿りつき、子供が渡ろうとしたとき「坊や」と呼ばれ苛立って車を運転していたリチャードがひいてしまう。リチャードはそのまま逃げ、母親は泣きながら子供を抱きかかえた。叫び声を聞いて駆けつけたカールは子供の魂のようなものが空へとんでいくのを見る。すぐそばの電柱には悪魔を意味する数字の「6」のサインがあった。

〈ラスベガスのオフィス〉 ダンカン・トッドはパソコンに向かっていると、スクリーンに赤い正方形が現れ驚いた顔をする。金庫から用心しながら表紙に黒い丸が刻印された封筒を取り出した。

〈ラスベガス、ダギーの車が置かれた空き家〉 爆発したダギーの車を警察が処理していた。向かいのヤク中の女は「119」と叫び続けている。

〈モーテル〉 体の小さな殺し屋の部屋のドアに、黒い丸が刻印された封筒が差し込まれた。そこにはロレインとダギーの写真が入っていた。男は写真を確認すると、アイスピックを突き刺した。

〈ラッキー7保険のオフィス〉 サイズの合ったスーツを着たクーパーは、社長のオフィスに呼ばれる。社長は昨夜クーパーが導かれるままに書いていた書類を見て、最初は落書きだと思っていたがその意味に気付く。社長はクーパーに感謝し、自分が対処するが大変なことなので黙っていてほしいと頼む。

〈ラスベガスの公園〉 ジェイニーは赤いバッグを持ってベンチに座り、借金取りを待っていた。借金取りに借金の詳細をきくと半分以上が利子だとわかり、52,000ドルを25,000ドルに負けさせる。借金取りたちはジェイニーの剣幕に「タフだ」と圧倒されて金を受け取る。

〈ロレインのオフィス〉 殺し屋が現れ、アイスピックでロレインを殺害する。

〈ツインピークスの郊外〉 リチャードは車を止めて、バンパーから血を洗い落とした。

〈ツイン・ピークス保安官事務所〉 ホークはトイレで1セント(ネイティブアメリカンの刻印)を落とす、拾おうとしたときになにかを感じたように横を見るとトイレの個室の下にはネイティブアメリカンの絵柄のプレートがあった。プレートが貼られていたドアは表面の板が少しめくれかけていて、はがし取ると2枚のメモ用紙が出てきた。

フランク・トルーマンのところへ妻のデボラがやって来て、父親の車が修理されていないと文句をいう。二人が出て行ったあとにヒステリックな様子は息子が自殺したからだと[[]]が教えるとチャド・ボックスフォードはからかい、[[]]はあきれる。


ロードハウス〉、Sharon Van Ettenの"Tarifa" でエンディングへ。


登場人物 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。