FANDOM


Giantno
WARNING!
この記事には ツイン・ピークス The Return のネタバレが含まれています。まだ番組を見ていない方などご注意ください




第4話タグライン
...brings back some memories.

Part 4は、『ツインピークス The Return』(第3シーズン)の第4話で、今シーズンは全18話からなる。

ストーリー 編集

〈シルバー・マスタング・カジノ〉、クーパーは29回のメガジャックポットを連発していた。そこへアライド・ケミカル社のビル・シェイカーダギーだと思い、声をかけてくる。クーパーが話せないので会話は成り立たないが、運良くランスロット・コートの赤いドアの家がダギーの家であることがわかる。

タクシーで帰るように進められたところ、カジノの従業員に部屋へ通される。勝ち分のお金を持ち、リムジンで赤いドアの家へ送ってもらった。

リムジンから降りてクーパーが家の前で立ち尽くしていると、中からダギーの妻ジェイニー・E・ジョーンズが出てきて「どこにいたの?」といきなりビンタされる。ダギーは3日家を留守にして会社も休み、息子サニー・ジムの誕生日もすっぽかしていた。ジェイニーはクーパーをダギーだと思い込んだまま、怒り続けるが大金の袋をみて驚く。ジョーンズ夫妻には借金があり、これで返済できるとジェイニーは「「人生で一番すばらしく、一番恐ろしい日よ」と涙ぐむ。ジェイニーは喜び、クーパーのためにサンドイッチを作る。

〈FBI首席補佐官室〉、ゴードン・コールは会議中のデニス・ブライソンを待っていた。デニスこと女装したデニースが戻ってくると、クーパーがサウスダコタの刑務所にいることを報告する。デニースは美人捜査官のタミー・プレストンも連れていくのかと冷やかす。デニースは「あなたを信じてる。あなたが追っているのは、大きい何か」と話し、アルバートも一緒かと尋ねた。ゴードンはもちろんだと答えて出ていく。

〈ツイン・ピークス保安官事務所〉、ルーシー・モランフランク・トルーマン保安官と電話で話していた。声が聞こえなくなったと思ったら事務所に本人が現れ、携帯電話を理解していないルーシーは驚いて倒れてしまう。フランクは奥へ行き、マギーに釣りに行っている間の状況報告を聞くと部屋を出た。廊下には保安官のボビー・ブリッグスがいて、麻薬で死んだ高校生のことについて聞く。

会議室にホークが皆を集め、マーガレット・ランターマンからの、「クーパー捜査官に関するものが無くなった」という警告について説明する。マーガレットからの情報を信じないチャドは丸太女と悪態をつき、フランクに帰るように命じられる。ボビーも会議室にやって来て、資料の中にあったローラ・パーマーの写真を見ると思い出して泣き出す。 ホークがマーガレットからクーパーに関して報告があったと教えると、ボビーはクーパーが生前の父ガーランド・ブリッグスと最後に会い、それからすぐ町を出て行ったと母から聞いたと答えた。ガーランドはクーパーが去った翌日、軍の火災で死に二人が何を話したかはわからない。

そこにルーシーとアンディ・ブレナンの息子、ウォリー・ブランドがフランクを尋ねてやってきた。ウォリーは名付け親であるフランクの弟で療養中のハリー・S・トルーマンを見舞いを伝えにきたといい、自分の旅の話を語った。

〈ブラックロッジ〉、マイクは手をかざして何かを探している様子。

〈ダギーの家〉、クーパーはベッドに腰掛け、部屋にある赤い椅子を見るとマイクの姿が浮かんでくる。マイクは「君は私を見てる、違うか?」と言い、「今君たちの一人が死ななければならない」と続け消える。ダギーはトイレへ行きたそうにするが、どうしていいかわからなかったところをジェイニーにバスルームへ連れていかれ、子供以下だと叱られる。サニー・ジムは洋服の着方も分からないクーパーのおかしな行動を楽しみ、朝食の時も色々と助ける。コーヒーが運ばれると、すぐに飲むが熱さいとは思わず吹き出してしまう。

〈サウスダコタ州バックホーン〉、コンスタンス・タルボットボイドデイヴ・マックレイルース・ダヴェンポート事件の容疑者の指紋が一致する人物がいるが、軍の機密情報でアクセスができないことを報告する。

〈サウスダコタ〉の空港、ゴードンたちが到着する。刑務所に着き、車の事故を起こし毒性のものを吐いて収監されたクーパー捜査官/ドッペルゲンガーについて所長から説明を受ける。車のトランクには、コカイン、マシンガン、犬の足が入っていた。

ドッペルゲンガーの話し方はどこかおかしく、ゴードンから「これまでどこにいたんだ?」と聞かれると「これまで秘密の活動をしていた、一緒だったのは同僚のフィリップ・ジェフリーズ」と答え、全ての顛末を話すためにゴードンのところへ向う途中事故が起きたと説明した。

ドッペルゲンガーが「いつここから出られるのだ?」と聞くと、ゴードンはしばらく拘留されることになると伝えた。

ゴードンとアルバートは、タミーを食堂へ行かせて二人きりで話していた。ゴードンはアルバートが面会したクーパーについて何か言いたいことがあるのではと尋ねた。そして実は自分がフィリップにクーパーへある情報を伝えさせたことを告白する。フィリップからアルバートに、クーパーの身に関わる緊急事態で、彼に情報を伝えたいと電話があったそうだ。クーパーとは話さなかったがその情報は“男はコロンビアにいる”というものだった。そしてフィリップは翌週殺されたという。

ゴードンは今日のクーパーを見ていると、嫌な予感がすると言い、アルバートも同意する。何かおかしく、事故のせいだとは思えないと続けた。そしてゴードンは「認めたくないが、何一つ理解できない」といい、「君は理解できるか」と尋ねると、アルバートは「青いバラ」と答えた。

捜査を始める前に、ある人物をクーパーに合わせようとゴードンは提案し、アルバートも賛成する。「住んでいるとことろは知っているか?」と尋ねると、アルバートは「酒場にいる」と答えた。

ロードハウス、Au Revoir SimoneのLarkの演奏でエンディングへ。

登場人物 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。