FANDOM


トミー・"ホーク"・ヒル(Tommy "Hawk" Hill)とは、ツイン・ピークス保安官事務所の副保安官でありブックハウス・ボーイズのメンバーである。

彼は純粋なネズ・パースであるが、魂を信じるかどうかという議論の際にはデイル・クーパー特別捜査官にブラックフット族の神秘主義について話している。彼はその動物や人間にとどまらない車やトラックの優れた追跡能力から通常"ホーク"と呼ばれている。

ホークは明らかにツイン・ピークスの森に潜む超自然的存在に気づいており、ネイティヴ・アメリカンの霊性と直接関係があるという信条をクーパーに語った。彼はまた、クーパーにホワイトとブラック・ロッジが何であるかを語った初めての人物でもある。

舞台裏編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。