FANDOM


Giantno
WARNING!
この記事には ツイン・ピークス The Return のネタバレが含まれています。まだ番組を見ていない方などご注意ください



シェリー・ジョンソン(Shelly Johnson)とは、彼女の友人であり母親的な存在でもあるノーマ・ジェニングスが所有するダブルRダイナーのウェイトレスである。シェリーは気前の良さに夢中になりレオ・ジョンソンと結婚するために高校を中退した。しかし結婚すると、シェリーの言葉によれば「彼は給料を払わなくてもいいメイドが欲しかっただけ」であると判明する。レオは恐ろしいほどの亭主関白で暴力を振るい、犯罪者である上にローラ・パーマー殺害事件に関係していた。

1989年には、シェリーはローラのボーイフレンド、ボビー・ブリッグスと関係を持つようになっていた。彼はローラと同じくまだ高校生で、スポーツマンだったが不良少年としても有名だった。ボビーは法律に則って暮らしているとは言えなかったが、レオとは違って少なくともシェリーには優しかった。この関係のリスクは大きく、ボビーは麻薬の取引きを通じてレオがどれだけ危険な人物かを知っていた。

それから25年後、シェリーにはレベッカ、または"ベッキー"と呼ばれる娘が生まれており、ダイナーで仕事を続けていた。

舞台裏編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki