FANDOM


Giantno
WARNING!
この記事には ツイン・ピークス The Return のネタバレが含まれています。まだ番組を見ていない方などご注意ください



ガーランド・ブリッグス(Garland Briggs)少佐とは、アメリカ空軍所属の軍人であり、地上と地球外の超常現象を研究するための極秘プログラム、ブルー・ブック計画の監督をしていた。1989年3月、彼はツイン・ピークス近郊の森から2日間姿を消しこの地域とつながりを持つ別世界ホワイト・ロッジへと連れて行かれた。ブリッグスはそのまま恐るべきブラック・ロッジへと通じている元FBI捜査官ウィンダム・アールに誘拐された。

アールから逃げ出したブリッグスはまもなく、デイル・クーパー捜査官もロッジと関わりがあることを知った。彼は謎の失踪を遂げて死んだと思われていたが、25年後にサウスダコタで新しい死体として発見された。

舞台裏編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki